更新日:


878 :
伊集院光「僕は落語家になって6年目のある日、若き日の談志師匠のやった『ひなつば』のテープを聞いてショックを受けたんです。
『芝浜』や『死神』ならいざ知らず、その時自分がやっている落語と、同じ年代の頃に談志師匠がやった落語のクオリティーの差に、
もうどうしようもないほどの衝撃を受けたんです。決して埋まらないであろう差がわかったんです。そしてしばらしくして落語を辞めました」

立川談志「うまい理屈が見つかったじゃねぇか」

伊集院光「本当です!」

立川談志「本当だろうよ。本当だろうけど、本当の本当は違うね。まず最初にその時お前さんは落語が辞めたかったんだよ。
『飽きちゃった』とか『自分に実力がないことに本能的に気づいちゃった』か、簡単な理由でね。
もっといや『なんだかわからないけどただ辞めたかった』んダネ。
けど人間なんてものは、今までやってきたことをただ理由なく辞めるなんざ、格好悪くて出来ないもんなんだ。
そしたらそこに渡りに船で俺の噺があった。『名人談志の落語にショックを受けて』辞めるなら、
自分にも余所にも理屈つくってなわけだ。本当の本当のところは、『嫌ンなるのに理屈なんざねェ』わな」

906 :

むずかしいことはよくわかりませんが、なんとなく理由もないけど「このゲームつまんないな」って感じたら
即辞めるぼくは伊集院に勝ったってことでいいですか?(´・ω・`)

922 :

元々特にハードのこだわり無かったんですが
速報で暴れまわってるニシくんが気になってゲハに来てみたら
ニシが軒並みキモすぎてついて行けなくて任天堂ハード買うのやめました(´・ω・`)

924 :

流石いいこと言いますね(´・ω・`)
人はすぐ自分に嘘をつきますからね

933 :

談志かっけえな(´・ω・`)