更新日:


742 :
「スーファミミニ」で収録タイトル以外をプレイできるソフトが登場

 国内では10月5日に任天堂株式会社が発売した手のひらサイズの「ニンテンドークラッシックミニ スーパーファミコン」。
このほど、本製品で収録タイトル以外のROMを対応形式に変換し、プレイ可能とするツールが開発された。開発者は
「75%ほどのタイトルが正常に動作する」としている。
 開発したのはハッカーの「Cluster」氏で、以前に発売された「ミニ版ファミコン」向けハッキングツール「hakchi2」を
新機種にも対応させたものだ。同ソフトウェアはGitHubで公開されている。ただし、ROMの内容を吸い出し、
変換する行為には実物ROMの保有にかかわらず著作権法上の問題がある。
 なお、Cluster氏は「ミニスーファミ」の解析中に任天堂の開発者からのメッセージも発見しており、「Enjoy this Mini,
Disconnect from the present, and Go back to the nineties.(現在から自分を解放し、90年代にかえってMiniを楽しんで)」
というテキストが保存されていたという。
 「いつか発見されるかも」という思いを込めて保存されていたメッセージと推測されるが、北米およびEUでは9月末に発売
されているため、わずか2週間もたたずに発見されてしまったことになる。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1085292.html

750 :

こんなんスーファミミニを使う意味ないやん(´・ω・`)

761 :

ハッキングうわああああああああw(´・ω・`)

788 :

レトロフリークでええやん