更新日:


638 :
任天堂,2019年4月までに5000万台のSwitchを出荷予定
任天堂は来年度に3000万台のゲーム機製造を計画している。

任天堂は,2018年以降も需要の増大が予想されることから再度Switchの生産拡大を検討中だという。
Wall Street Journalは2019年3月末までの来年度に2500万から3000万台の生産を計画していると伝えている。

多くのサードパーティがSwitch向けに作られるゲームの数を劇的に増加させており,スクウェア・エニックスとUbisoftは共に今週そのような意向を発表した。
しかしながら,大手パブリッシャであるActivisionとElectronic Artsがこのデバイスへの厚いサポートを確約する必要がある。
とくに後者はいまだにFIFAのアップデート以上のものをリリースするかどうかを決めていない。

http://jp.gamesindustry.biz/article/1711/17111002/

サードの温度差(´・ω・`)

659 :

PS4並のペースとか絶対無理だろ(´・ω・`)

667 :

FIFAの大爆死っぷりで既に逃げ腰なのに(´・ω・`)

711 :

まぁそもそもUBIもAAAタイトルをswitchに出すんじゃなくて、UBIのライト向けや子供向けIPを投入していくって話だしねぇ(´・ω・`)

758 :

フロストバイトが動かないから
サポートしろと言われても難しいだろうな(´・ω・`)