更新日:


889 :
「三田紀房先生に残業代を請求したことについて」というブログを読んで感じたこと
佐藤秀峰
2018/01/08 14:20

(略)

僕は20歳から22歳までの2年3ヶ月間を、漫画家の福本伸行さんの作画スタッフとして過ごしました。
当時の雇用の実情は以下の通りです。

・週90時間~140時間勤務
・初任給11万円
・昇給不定期(3ヶ月~20ヶ月目12万円、21ヶ月~24ヶ月15万円、25ヶ月目から25万円)
・食事付き(休憩は食事時間のみ)
・交通費不支給、各種保険未加入
・残業代無し
・休日、月4~5日程度

労働基準法的にはガッツリ「アウト」です。24時間いつ何があろうと福本さんの指示に従わなくてはならず、休日、どんなに深夜に呼び出されようとも自転車を漕いで仕事場に駆けつけ、仕事をしなくてはいけません。
「帰っていい」と言われるまで何日でも泊まり込みで仕事をし続けなくてはならず、「寝ていい」と言われるまで何日徹夜しようが寝てはいけません。外出も禁止。最長で47日間泊まり込みで仕事したことがあります。
その間、外出は一歩もできず、睡眠時間は1週間合計で10時間程度。時給換算すると多分200円くらい。
僕は自分が雇用する立場になった時、スタッフの雇用に関して「ちゃんとしよう」と思いました。

952 :

マンガの技術を教えてもらってる弟子なんだから
労働者とみなすのはおかしくない?
学校の生徒と一緒じゃん

975 :
>>952
漫画の技術教えてやってるから残業代はノーカンでってのはないわー(´・ω・`)

979 :
>>952
教えてやってるわけないじゃん
どうせ職人気取りで「勝手に盗め」ってスタイルでしょうよ
それで「教えてやってんだから何も文句言うな」なんて言えんだろ

961 :

高確率で精神ぶっ壊れるぞこれ(´・ω・`)

967 :

どうせ背景の「ざわ・・ざわ・・・」って描いてただけなんやろ(´・ω・`)