更新日:


349 :
【電撃PS】2018年はソフトの話題が主体の年。山本正美氏コラム
http://dengekionline.com/elem/000/001/677/1677454/

10月には、僕の古巣でもあるソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が、
インディーゲームクリエイターを支援しパブリッシュする、「UNTIES(アンティーズ)」というレーベルを発足しました。
良いアイデアがあっても、当然お金がなければ作品を世に問うところまでは行きつけません。
そこを企業が支援しよう、という発想は、さすがインディー発祥ともいえる音楽業界ならでは。
カッコいいですね。しかもSMEというソニーグループの会社が、PlayStationだけでなく、Nintendo SwitchやPCなど、
マルチプラットフォームでタイトルを展開することになったわけです。これ、何気にすごいことですよね。

Nintendo Switchで良質なインディーゲームが数多く生まれているのは皆さんご存知の通り。
クリエイターからすれば、可能性が広がる喜ばしい出来事だと思いますし、遊ぶ選択肢が増えることは、
ユーザーの皆さんにとっても福音となるのではないでしょうか。

368 :

ほんとソニーって横の繋がりが悪いというか
はっきり言って仲が悪いよね(´・ω・`)

418 :

ぶったけこれ、どっかの囲い込み防止だよね
どことは言わんけど