更新日:


113 :
綺麗(´・ω・`)


新種の「青蜂」を発見 マダガスカルに生息

とても鮮やかな青色の蜂は、この度見つかった新種。フジテレビが同行した昆虫調査で見つかった。
「青蜂(せいぼう)」は、その美しい見た目から、「空飛ぶ宝石」とも呼ばれている。
2018年2月、アフリカ大陸の南東に浮かぶ島国・マダガスカルで発見された。
「青蜂」は、ほかの蜂に寄生して生きる「寄生蜂(きせいばち)」。
これまでに世界で3,000種以上が確認されているが、マダガスカルでの新種発見は30年ぶりだという。
今回青蜂を発見した九州大学・三田敏治助教は「(青蜂が)飛んでいるところというのは、本当に、彗星(すいせい)のごとく速いですよ」、
「マダガスカルに行って、自分で捕まえてみたいというのが、1つのわたしの夢だったので」、「正直飛び上がるほど、うれしかったですね」などと語った。
今回採集された青蜂は、7月から国立科学博物館で開催される特別展「昆虫」で初公開される。
そして、気になる新種の名前だが、展覧会の来場者による応募で当選した人の名前をつけるという。
この蜂は、その名前を入れた論文の発表を経て、正式に新種として認定されることになっている。
https://i.imgur.com/xxTgNXV.jpg
https://www.fnn.jp/posts/00393489CX

118 :

ブローチみたい(´・ω・`)

136 :

三田さんの名前つけてやれよ(´・ω・`)

159 :

すごい綺麗(´・ω・`)

191 :

文読んでないけどこういう綺麗な奴はヤバイの持ってるやつだと思う(´・ω・`)