更新日:


854 :
PSプラットフォームの「プラチナトロフィー」を1691個獲得し、ギネス記録を樹立した男現る。10年間、毎日10~20時間ゲームを遊び達成

なお、Hakoom氏のトロフィー取得におけるひとつの柱となっているのが、日本産の美少女ゲーム。
この手の作品はクリアするのが容易であり、プラチナトロフィーが用意されているので、“ブースト”に使っているとのこと。
『√Letter』に関しては、PS4/PSVita版を5言語で遊びプラチナトロフィーを10個を獲得するという荒稼ぎっぷりを披露

また取得に苦しんだプラチナトロフィーは、『NINJA GAIDEN Σ2』だったという。
『NINJA GAIDEN Σ2』は、シリーズ通じて高い難易度が特徴のアクションゲームであるが、プラチナトロフィーの取得するのは、極めて難易度が高いと評されている。多大な時間を費やし苦労してプラチナトロフィーを取得したようだ。
苦労しただけに、『NINJA GAIDEN Σ2』と『NINJA GAIDEN 3』は思い出深い作品として上位にあげられるとのこと。
また同様に、『ストリートファイターV』もプラチナトロフィーの獲得に苦労したと語った。難しさと思い出でいえば、『マックス・ペイン3』も外せないという。
『NINJA GAIDEN Σ2』と同様に、「取得する上で、もっともプレイスキルが求められたトロフィーだった」とも話した。氏は現在でもPS4などで多くの作品をプレイしているが、PS3時代のトロフィーには高難易度のものが多いゆえに、思い出深いようだ。

(´・ω・`)

865 :
>>854
ニートなの?(´・ω・`)

868 :
>>854
Σ2はやくリマスターしてくれ頼む(´・ω・`)

869 :
>>854
ニンジャガ取ってる時点でやべーな

901 :
>>854
ねぷねぷ全部トロコンしてからいばれ(´・ω・`)