更新日:


288 :
コーエーテクモ-野村が目標株価引き下げ 中国や韓国開発会社の成功も追い風
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20181105-10000066-dzh-stocks
野村証券では、中国、韓国開発会社のモバイルゲームの日本市場での成功も追い風
とみて、レーティング「Buy」を継続した。目標株価は2167円→2100円と引き下げた。
Team NINJAの開発力向上により、販売本数100万~200万本級タイトルを年間4~5本
開発できる体制が整いつつある。野村予想には織り込んでいないとしたが、21.3期に
かけては販売本数500万本級タイトルの開発にも挑戦する計画。
海外IPとのコラボタイトル、「仁王2」(開発費40億円以下)は販売本数100万本~200万
本級に分類される。野村予想は販売本数200万本級のタイトルで年間2本の発売を織り
込んだとした。

(´・ω・`)

293 :
>>288
うーん(´・ω・`)

296 :
>>288
仁王2ってそんなに開発費かかってるの?(´・ω・`)

297 :
>>288
40億以下ってそれでもすげえ開発費
仁王が40億くらいかけられる予定なのかね
無双エンジンってreエンジン並みに早い開発費可能だから抑えようと思えばかなり抑えられそう

311 :
>>297
ウィッチャー3が40億なんだから仁王の開発費はもっと安いだろう

327 :
>>288
>販売本数500万本級タイトルの開発にも挑戦する計画

そんな実力チーニンにあるの?(´・ω・`)

340 :
>>327
前から言われていた海外の有名IPとのコラボじゃないの