更新日:


325 :
>>264
―いろいろと桂さんのデザインから影響を受けていますが、田浦さんはどんなきっかけで桂さんにキャラクターデザインを依頼したんですか?

田浦:高1か高2くらいの時に読んだ『ZETMAN』にドハマりして。そこから過去の作品も読んでいきました。『SHADOW LADY』とか『D・N・A2』とか。
リアルタイムで触れてきたというよりは『ZETMAN』からガッツリ遡っていきました。
僕は1985年生まれで、『超機動員ヴァンダー』の連載開始の年なんですよ。

桂:俺も歳くうわけだなー(笑)。

田浦:このゲームはSF世界の警察設定にしているんですけど、実は一番最初に企画書を書いた時は、真逆の魔法を使ったようなファンタジーで。
でもそういう設定のものは他にもたくさんあるし、フックとして弱いのではないかと任天堂さんからご指摘を受けました。
それでいろいろと模索していく中でSFにすることになりました。そのSFに変えていく中で『ZETMAN』の影響がとても強かったので、キャラクターデザインを桂さんにお願いさせてもらいたいと思い始めました。
でもやっぱり僕からすると雲の上の存在なので、まさか引き受けていただけるとは……。今も隣に座ってるだけで震えてるくらいです(笑)。



本人やぞ(´・ω・`)

356 :
>>325
俺とためやん
アイズでシコシコしたって言えばいいのに(´・ω・`)

405 :
>>325
ZETMANのはまるとかやばいやろ(´・ω・`)

432 :
>>325
ZETMANにハマるセンスじゃちょっと…(´・ω・`)

557 :
>>325
ああこれ任天堂のせいだわ