更新日:


515 :
https://bunshun.jp/articles/-/44136?device=smartphone&page=3
土井 ある女性の話やけど、結婚したばかりの夫にほうれん草のおひたしを作ったら、「これ、おひたしじゃないやろ。
おひたしいうのは、だしに浸すから『おひだし』いうんだ」と言ったらしく、もう一生この男に料理せんとこうと思ったと(笑)。

「おひたし」いうのは、もともとほうれん草をただ湯がいただけのもの。
でも、料理人はただ湯がいただけのものをお客さんに出せへんからだしに漬けて、ほうれん草にだしを染み込ませるんです。
そうするとほうれん草がおいしんじゃなく、だしがおいしいとなるわけ。

茹でたてのほうれん草がどんだけおいしいか。
そういうことを知らんでもうね、最近の男の人は料理雑誌やらなんやらで、相当間違った思い込みをいっぱい持ってるから(笑)。

岡村 ははははは(笑)。


キミらもママンに言ってそう(´・ω・`)

527 :
>>515
土井先生もちょいちょい老害だけど(´・ω・`)

529 :
>>515
岡村靖幸やせたなあ(´・ω・`)
DAOKOコラボの時デブってたイメージあったのに

533 :
>>515
ぼくは料理作るたびにママンにダメ出しされるようになりました(´・ω:;.:...

540 :
>>515
料理の間違った知識を男に植え付けたのは海原雄山と山岡士郎(美味しんぼ(´・ω・`)